POPEYE(ポパイ)

POPEYEの基本情報

基本情報(発売日・価格・出版社ほか
発売日 毎月10日
発行間隔 月刊
価格(定価) 760円(税込)
出版社 マガジンハウス

 

雑誌ジャンル・カテゴリ区分
性別 男性
大分類 ライフデザイン
ジャンル名 男性ヤング誌
カテゴリ ファッション
・おしゃれ

※日本雑誌協会、日本ABC協会、日本雑誌広告協会で統一した雑誌ジャンル・カテゴリ区分をもとに記載しています。(ティーンズ:19歳以下、ヤング:20〜24歳、ヤングアダルト:25〜34歳、ミドルエイジ:35〜49歳、シニア:50歳)

POPEYEの概要紹介

POPEYEは、マガジンハウスが毎月発行する雑誌です。
現代のシティボーイをコンセプトにファッション、ライフスタイル、カルチャーをとことん追求する。
リリー・フランキーや松浦弥太郎さんなど豪華連載陣によるコラムが誌面を更に面白くする。
ファッション、デジタルグッズ、クルマ、コスメ、インテリアにこだわる、センスと物欲を直撃する元祖スタイルマガジン。徹底した取材と情報の感度の高さがウリです。

POPEYEの発行部数推移

※算定期間3ヶ月での1号あたりの平均印刷部数を記載しています。

  • 2014年1〜3月・・・99,000部
  • 2014年4〜6月・・・100,834部
  • 2014年7〜9月・・・99,500部
  • 2014年10〜12月・・94,000部
  • 2015年1〜3月・・・110,334部
  • 2015年4〜6月・・・98,500部
  • 2015年7〜9月・・・96,167部
  • 2015年10〜12月・・96,000部
  • 2016年1〜3月・・・107,333部
  • 2016年4〜6月・・・113,667部
  • 2016年7〜9月・・・93,000部
  • 2016年10〜12月・・93,667部
  • 2017年1〜3月・・・96,500部
  • 2017年4〜6月・・・97,167部
  • 2017年7〜9月・・・90,000部
  • 2017年10〜12月・・100,167部

POPEYEの定期購読・バックナンバー

日本最大級の雑誌オンライン書店『Fujisan』では、POPEYEの最新号・定期購読・バックナンバーを取り扱っています。

『Fujisan.co.jp』POPEYEバックナンバー

 

※最新号・バックナンバーは、各大手ネットショップでも取り扱っています。
優先的に利用しているショップで購入して下さい。

『POPEYE』過去の主な特集

※当雑誌で過去に取り上げた主な特集をピックアップしています。

No.201710
  • 確かにこれは、クラシックだ。
  • 今こそクラシックと呼びたいスタイルがある。
  • 確かにこれは、クラシックだ。
  • ニューヨーカーのクラシックスタイル30。
  • クラシックな服の新しい話。
  • クラシックなコートと日々。
  • いい男になるための洋服、揃えました。
  • 私的ライフカタログ。
  • クラシックな髪型。あと、チェックの服。
  • アンディ・スペードによるクラシックハンドブック。
  • シティボーイはクラシック。
No.201711
  • 映画とドーナツ。
  • 僕の好きな映画。
  • 35年の時を経て、ブレードランナー再び。
  • この秋、SFが気になる!
  • リンチとドーナツ。
  • マイ・ベスト・ジブリ。
  • 観よう観ようと思っていたのだけど、ジャームッシュとトム・フォード。
  • 北野武とビートたけし、映画を語る。
  • ところで、チャールズ・ブロンソンって誰?
  • やっぱり、新作映画は観ないとね。
  • DはドーナツのD! これがD級映画だ!

No.201712
  • 古着と時計。
  • だから古着が好きなんだ!
  • 古着のクロニクル。
  • 古着と文化のABC。
  • 古着じゃなきゃダメなんだ。
  • 僕の好きな古着。
  • 東京のいい古着屋巡り。
  • ”寝かせ頃”から”起こし頃”へ。
  • Berlin Boy シティボーイはチープシックに。
  • 時計でもしてみるか。
No.201801
  • ガールフレンド’18。
  • あの子もきっと横浜が好きになる。
  • 回りきれないくらい、予定が詰まったデートをしよう。
  • デートのための街。
  • 好きなあの子と、喫茶店。
  • 今年もデートが忙しい!
  • シティガールに出会うために。
  • シティガールの”ちょうどいい”を考える。
  • HOLY NIGHT
  • クラシックな洋食屋さんに行こう。
  • 冬は、鍋とおでんもいいよね。
No.201802
  • 部屋とシティボーイ。
  • 世界の部屋。
  • 家具の作り手と部屋。
  • 小鳥とイラストレーター。
  • 東京の部屋。
  • BLAZER BOY
  • 世界の若者の部屋とスタイル。
  • STYLE SAMPLE ’18

『POPEYE』関連リンク

※当雑誌のオフィシャルサイトや、SNSのオフィシャルアカウントへのリンク等を記載しています。

参考

POPEYE公式サイト出版社公式サイト内、POPEYEページです

参考

公式TwitterPOPEYEの公式アカウントです

参考

公式FacebookPOPEYEの公式アカウントです

参考

公式InstagramPOPEYEの公式アカウントです