Newsweek(ニューズウィーク日本版)

『ニューズウィーク』基本情報

基本情報(発売日・価格・出版社ほか
発売日 毎週火曜日
発行間隔 週刊
価格(定価) 460円(税込)
出版社 CCCメディアハウス

 

雑誌ジャンル・カテゴリ区分
性別 男性
大分類 総合
ジャンル名 週刊誌
カテゴリ 一般週刊誌

※日本雑誌協会、日本ABC協会、日本雑誌広告協会で統一した雑誌ジャンル・カテゴリ区分をもとに記載しています。(ティーンズ:19歳以下、ヤング:20〜24歳、ヤングアダルト:25〜34歳、ミドルエイジ:35〜49歳、シニア:50歳)

『ニューズウィーク』概要紹介

ニューズウィークは、CCCメディアハウスが毎週発行する週刊誌です。
独自のグローバルな取材網と視点で、日本のメディアとは一味違う情報と分析をお届けする国際ニュース週刊誌。
知的好奇心にあふれたビジネスパーソンのために、世界の最新情勢をお届けする。

『ニューズウィーク』発行部数推移

※算定期間3ヶ月での1号あたりの平均印刷部数を記載しています。

  • 2014年1〜3月・・・71,300部
  • 2014年4〜6月・・・70,067部
  • 2014年7〜9月・・・69,120部
  • 2014年10〜12月・・68,646部
  • 2015年1〜3月・・・69,947部
  • 2015年4〜6月・・・62,088部
  • 2015年7〜9月・・・59,571部
  • 2015年10〜12月・・57,930部
  • 2016年1〜3月・・・57,862部
  • 2016年4〜6月・・・56,313部
  • 2016年7〜9月・・・56,604部
  • 2016年10〜12月・・60,042部
  • 2017年1〜3月・・・55,342部
  • 2017年4〜6月・・・54,375部
  • 2017年7〜9月・・・54,217部
  • 2017年10〜12月・・52,873部

『ニューズウィーク』定期購読・バックナンバー

日本最大級の雑誌オンライン書店『Fujisan』では、ニューズウィークの最新号・定期購読・バックナンバーを取り扱っています。

MEMO
紙版が売り切れになっている号でも、デジタル版ならば購入することができます。他の雑誌読み放題サービスでは閲覧可のバックナンバーに制限がありますが、Fujisanではかなり古い号でも閲覧できます。

『Fujisan.co.jp』ニューズウィークバックナンバー

『ニューズウィーク』過去の主な特集

※当雑誌で過去に取り上げた主な特集をピックアップしています。

2017年12/26
  • 中韓関係の現実を物語る「国賓待遇」
  • 対イランも?高まる開戦論
  • ビットコインが全電力を食いつぶす
  • サウジとイスラエル、急接近の理由
  • エルサレムにユダヤ神殿復活か
  • 南京虐殺式典で埋まる溝、埋まらない溝
  • 日馬富士事件と日本の相撲ナショナリズム
  • MD強化に予算不足の落とし穴が
  • イバンカとクシュナーは反抗期?
  • ディズニーが挑む動画配信の頂上決戦
  • 校内の携帯使用は子供を駄目にする
2018年1/2・9
  • プッチダモンが直面する本当の試練
  • 平昌五輪を危機打開のきっかけに
  • ANC新議長は南アの救世主?
  • 「トランプの壁」現象が欧州に上陸
  • ユーロ圏経済の担い手はポルトガルに
  • 中国の湖に浮かぶ謎の幾何学模様
  • 「インフラ貧国」アメリカの改善点
  • インスタのスター犬、逝く
  • 『最後のジェダイ』の評価が真っ二つの理由
  • 英王子から犬まで……カメオ出演を探せ!
2018年1/16
  • 対話ムードでもミサイル計画は着々と
  • 救われなかったイラン庶民の怒りが爆発
  • プーチンが破壊する仮想通貨の理念
  • あのベルルスコーニが再び政局の中心に
  • 中国が迫る「最後の授業」
  • 欧州を襲った冬の嵐の凄まじさ
  • 安倍の新防衛大綱に予算の壁
  • 海のシルクロードに監視網が
  • 中国vsアメリカの農業大戦争が始まった
2018年1/23
  • 議会聴取にバノンは何を語るのか
  • 中国製潜水艦が世界中で浮上する日
  • 汚職国家に逆戻りするウクライナ
  • デモに学ぶイラン政府がネット規制の達人に
  • 河野外交は官邸主導を変えるか
  • 「こわもて」タイ首相パネルの使い道
  • 空母大国を目指し中国は進化を続ける
  • オプラが次期大統領候補になってはいけない理由
  • トランプの経済運営に自慢するほどの手柄なし
2018年1/30
  • 大統領選を控えたプーチンと教会の親密度
  • 政府閉鎖を招いた共和党の大罪
  • イラン特殊部隊がドイツでスパイ?
  • 昨年以上の混乱がベネズエラを待つ
  • イラクの経済腐敗が阻むISIS掃討戦
  • エンジンの暴走であわや機体は黒海へ
  • ついに中国でも#MeTooが
  • 米外交官の辞職が止まらない
  • アメリカは実は雇用者不足

『ニューズウィーク』関連リンク

※当雑誌のオフィシャルサイトや、SNSのオフィシャルアカウントへのリンク等を記載しています。

参考

ニューズウィーク日本版公式サイトニューズウィーク日本版の公式ページです

参考

公式Twitterニューズウィーク日本版の公式アカウントです

参考

公式Facebookニューズウィーク日本版の公式アカウントです

参考

公式Instagramニューズウィーク日本版の公式アカウントです